富山県氷見(ひみ)温泉 ブリ漁港の料理旅館 永芳閣(えいほうかく)の料理や板場の話。
 
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2020.04.01 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    新米の季節
    0

       

      とーんでもなかった暑さの夏もすぎ、秋風そよそよ。

       

      新米の季節がやってきました。

       

      ご近所農家さんの特別栽培米こしひかり。

      間もなく、永芳閣のご飯として登場いたします。

       

       

       

      ★ブログの更新待てないよー…って方は、こちらをどうぞ。★

       

      女将のFaceBookページにいいね!よろしく

      「氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣の女将@平田淑江のあんな話こんな話」

       

      永芳閣若手スタッフが熱烈UP中 公式instagramをフォローしてね

      永芳閣公式instagram


       

      【2018.09.19 Wednesday 16:40】 author : 氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 女将 ひらたよしえ
      | 里山の幸いろいろ | comments(0) | - |
      育てた人の顔も見える地元大根
      0

         

        11月も終わりですねー。

        12月から始まるブリのコースの仕込みが始まりました。
        2−3日かけて、ゆっくりゆっくり炊き込むぶり大根。
        地場の大根も盛りです。
        永芳閣の朝食スタッフが自分の畑から引っこ抜いて納めに来てくれました。
        大根おろしにしたり、ぶり大根にしたり、今日から、この大根ですよ〜

         

        【2017.11.30 Thursday 07:00】 author : 氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 女将 ひらたよしえ
        | 里山の幸いろいろ | comments(0) | - |
        今日の氷見牛。
        0

           

          世の中は連休なのですね〜〜
          今日の氷見牛。
          今日の氷見牛は、長野県生まれ、氷見育ち。
          JAアグリで育てた黒毛和牛でーす。
          板場は、仕込み真っ最中です。

          【2017.11.03 Friday 14:34】 author : 氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 女将 ひらたよしえ
          | 里山の幸いろいろ | comments(0) | - |
          炙り獅子せいろ饂飩
          0
            はっ!(やばい)2月半ば過ぎてる・・・・

            前の記事が「あけましておめでとう」だって!!

            ねえ、「あけましておめでとう」だって、マジ?いいの?

            さ・ぼ・り・す・ぎっ!!
            てなわけで、久々の投稿です。
            Facebookには、すでにあげていたのですが(ああ、言い訳がましい女将)
            永芳閣の二次会どころで、先日より販売開始した「炙り獅子せいろ饂飩」好評であります。

            ゆでで、しっかり氷水で〆たひやひやの氷見手延べうどんを、あつあつのイノシシ出汁で食べていただくもの。

            で、ちょっと開発秘話など(勝手にイノシシのふりしてポンチ絵までかいてみた)

            てなわけで、こんなパッケージまでつくりました。


            中身はこんな感じです。

            かなや製麺の手延べ氷見うどん200gが1袋。
            炙りイノシシ肉と、イノシシと豚の合挽き肉団子、焼きねぎ。
            そして、板さんが合わせてくれたうどんだし。

            饂飩をゆでて、別の子鍋にうどんだしとイノシシ肉の具材を入れて加熱。
            ざるうどんでどうぞー。


            あ、そうそう。せっかくのざる!
            どうせなら、竹細工で有名な氷見の三尾地区の山下さんの名人おばあちゃんがつくってくれる盆ザルもご希望の方に。


            水切れよくて、すごく使いやすいです。(直径約25cm)


            お求めこちらから〜→炙り獅子せいろうどん
            【2016.02.23 Tuesday 18:41】 author : 氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 女将 ひらたよしえ
            | 里山の幸いろいろ | comments(0) | - |
            氷見林檎と氷見蜂蜜
            0
              氷見の高戸農園さんのりんご。
               


              この氷見りんごを刻んで刻んで刻んで、、、、、ふうう30個!
              (手甲斐性のよいA池さんが助けてくれるので、さくさく進みます)



              そこに、これこれ!氷見のはちみつ!



              松田さんは、春〜晩秋まで氷見で蜂を放しながら蜜を集めてるおじさん。
              住所でもわかるように、横浜と氷見を行ったり来たり。。



              今日のはちみつは、氷見市八代地区で集めた百花蜜。
              その百花蜜を林檎の甘みをかき消さない程度にくわえて…真空に。



              湯煎調理で30分。
              旨味が袋に中にぎっしり詰まったままのりんごコンフィチュールの出来上がり。



              毎朝のブッフェでご提供しています。

              これがまた、作っても作っても、、、すぐなくなっちゃうんだよなぁ。
              りんごのある限り、せっせとつくろうと思っておりますよ−!
              【2014.11.27 Thursday 22:45】 author : 氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 女将 ひらたよしえ
              | 里山の幸いろいろ | comments(0) | - |
              ひみ寒ぶりのために、今からせっせと・・
              0
                旅の手帳の10月号に、永芳閣のひみ寒ぶりのお刺身画像がっ!
                掲載ありがとうございます。



                秋らしくなってくると、雑誌など様々のところから、ブリ料理の取材や問い合わせが入ります。長い間の蓄積があるので、きっと問い合わせしやすいのかなぁ、ありがたいことです。



                で、受ける側の私たちも、最高のブリ料理を出すために、えいっと身体をはってきましたぜ!



                ひみ元気野菜の会さんのお声がけで、女将や民宿さんやレストランのご主人さんと一緒に、大根の種まき。(一番手前のへっぴり腰が女将でございます)  


                先生は、廣英信さん。
                日本一のひみ寒ぶりにふさわしい在来種の自然栽培の大根で、日本一のぶり大根をつくろうじゃないか、ってなわけです。



                富山新聞さんも、ご取材くださって、さっそく翌日の新聞に。



                新聞読んだうちのパートさんたちから、女将さん、はたけなんてやるのー!?と、へっぴり腰をからかわれちゃった(笑)

                さて、大根畑の横でちょこりんと芽が出ているのは、聖護院大かぶら。



                はい、年末のかぶらすしも永芳閣のかぶら寿司はひみ寒ぶり使用のもの。
                だからかぶらにもこだわりぬきます。


                ***************************
                女将のFacebookページ作りました。
                ぜひにページに「いいね!」よろしく。
                ご覧いただくには、こちらから。


                富山県氷見温泉郷 魚巡りの宿永芳閣の女将/平田淑江でした。
                【2014.09.13 Saturday 15:07】 author : 氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 女将 ひらたよしえ
                | 里山の幸いろいろ | comments(0) | - |