富山県氷見(ひみ)温泉 ブリ漁港の料理旅館 永芳閣(えいほうかく)の料理や板場の話。
 
<< 氷見浜の夏の王者! クロマグロ!! | main | わーい! Wi-Fi全室完備いたしました。 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    【2020.04.01 Wednesday 】 author : スポンサードリンク
    | - | - | - |
    鯉の季節
    0
      冬の大寒波で、秋口に新しく入れた鯉がほぼ全滅してから・・・

      「忘れられないの〜」
      「あの人が好きよ〜」
      ・・・とばかりにさびしげな鯉たち。



      冬にあまりの水の冷たさに鯉がやられて、補充したくとも鯉屋さんからは6月まで待ちなさいっ!ととめられていたのでした。
      うちの鯉は、富山県の福岡町産。昔から鯉の養殖の盛んな土地で、ずっと永芳閣の鯉もここからきています。
      (あ、時々、自然に生まれた氷見産の鯉もいますいます)


      で、じわっと汗ばむ今日。

      いぇい、いぇい、成田養魚園さんから鯉がやってきたー。

      まずは、池の水温に慣らすために、しばらく浮かべておきまーす。



      30分ほどしてから、やわやわ・・・そろそろと・・・



      放しましたー。

      ・・・とそこに登場したのが、塩50kg。



      これを池の中にドドドドドドーーーーーーーーーー投入。



      びっくりしていたら、
      「鯉はもともと真水というより汽水にいたものだから、
      塩分そうだなー。海の1/4くらいが一番いいのよー」
      みたいな話。

      ほぇー知らんかった。
      特に新しい鯉を入れたときは、塩と一緒に消毒用の薬を一緒に入れてやると、いいんだって。
      へぇぇぇぇ。

      一気に増えたカラフルな鯉。



      大きく育てー。
      【2016.06.16 Thursday 17:50】 author : 氷見温泉郷 魚巡りの宿 永芳閣 女将 ひらたよしえ
      | 女将からのお知らせ | comments(2) | - |
      スポンサーサイト
      0
        【2020.04.01 Wednesday 17:50】 author : スポンサードリンク
        | - | - | - |
        この記事に関するコメント
        そういえば、鯉は寒さでやられちゃいますね・・・。
        元気に育ってくれるといいですね!
        | 波田純 | 2016/06/21 10:53 AM |
        波田さま
        そうなんです。前シーズンは秋口に入れて、かなりの数死んでしまいました。今度こそは!の気持ちで今回6月まで待って、新しい鯉を入れました。頑張って育てますー。
        | 女将 | 2016/06/25 1:19 PM |
        コメントする